温かいお茶の淹れ方

温かい-お茶の淹れ方-八女茶-福岡-緑茶-玉露-日本茶-煎茶-健康-カテキン-カフェイン-水の話-アミノ酸
お茶は淹れる温度でうま味が変わります。
カテキン(苦味)/カフェイン(苦味渋み)/アミノ酸(うま味)この3つの成分をどのように抽出するかによってお茶の味をコントロールできます。
食後は少し苦味のあるさっぱりしたお茶が飲みたいと思えば、温度の高いお湯でお茶を淹れると苦味が増します。お茶のうま味を味わいたいと思うときは、少しお湯の温度を低くしてみてください。
夏は冷たい水で出した冷やし緑茶がとてもお勧めです。 玉露や上級煎茶を淹れる時は低めの温度でお湯を入れましょう。
お茶は淹れる温度でうま味が変わります。
お茶を美味しく淹れるためには、美味しい水が欠かせません。
ところが普段使いの水道水には塩素が含まれており、この匂いがせっかくの味や香りを損ないます。
そこでポット型などの浄水機器をご使用いただきミネラルウォーターのような美味しい水で、そのお茶本来の香味をお楽しみ下さい。

天雫の煌(きらめき)

内容量:100g

¥1.296(税込)

天雫の極(伝統本玉露)

内容量:100g

¥2.160(税込)

恋する八女茶煎茶ティーバッグ

内容量:5g ×20p

¥1,080(税込)