冷たいお茶の美味しい淹れ方

夏に美味しい冷茶の淹れ方。

美味しい冷茶 目次

①茶袋に茶葉を入れる

茶袋/だし袋に大さじ2杯(約20g)を入れる。(750ml~1ℓ 20g / 300ml 10g 推奨) 茶袋/だし袋は大きめサイズの方が、茶葉が遊ぶ空間が出来よりお茶の成分が出やすくお勧めです。

②ボトルに水を入れる。

ボトルに水を入れて、①で作った茶袋を入れます。※溢れないようにシッカリ閉めます。

③冷蔵庫に入れる。

冷蔵庫に入れて3時間程待ちます。待った後、軽くスプーンなどで押すとお茶の成分がより出て、色合い、味が美味しくなります。

④みんなのカップに。

ゆっくり皆のカップやグラスに注いで完成。夏は氷を入れて飲んでも、水筒に入れて外に出るときなどもお勧めです。

八女 玉露 コンテスト 茶 品評会 高級 玉露 絶品 日本一 福岡 県茶連 JAふくおか八女 さえみどり 福岡

美味しい水で、更に美味しく

お茶を美味しく淹れるためには、美味しい水が欠かせません。ところが普段使いの水道水には塩素が含まれており、この匂いがせっかくの味や香りを損ないます。そこでポット型などの浄水機器をご使用いただきミネラルウォーターのような美味しい水で、そのお茶本来の香味をお楽しみ下さい。

冷茶で美味しい お勧めのお茶

天雫の煌(きらめき)

内容量:100g

¥1.296(税込)

伝統本玉露

クリア

恋する八女茶煎茶ティーバッグ

内容量:5g ×20p

¥1.080(税込)