毎日緑茶を飲むことによる3つの効果

当記事は、実験、研究、専門家の意見、海外記事、ニュースを元にまとめられています。

緑茶を長期的に飲む場合、『緑茶が腸の微生物叢やカフェインの全体的な摂取量など、体に具体的な影響を与える可能性がある』と専門家

特定の癌のリスクを下げる可能性

研究段階ですが、

緑茶に含まれる緑茶抽出物(GTEとも呼ばれます)、またはポリフェノールと呼ばれる特定の化合物が癌に効く可能性があることを示す多くの研究があります。また、長期間で緑茶を飲む人には特定の癌のリスクを下げる可能性があることを示すいくつかの研究があります。

GTEは、ホルモンとインスリン成長因子の血中濃度を変えることにより、がんのリスクを減らすのに役立つ可能性があると理論化されています。

肥満になる可能性を下げる可能性

こちらも研究段階ですが、

お茶は悪玉コレステロールのレベルを下げることが分かっています。

ある研究で、マウス全員がハンバーガーとフライドポテトに相当する典型的なアメリカの食事を与えられました。その半数には緑茶抽出物が与えられました。

お茶を与えられたマウスは、肥満になる可能性が低く、糖尿病の発症の重要な要因であるインスリン抵抗性を発症する可能性は低くなりました。また、より自然な腸内細菌叢がありました。

腸内細菌の重要性が認識され始めたのも最近です。

認知機能低下の予防と脳卒中リスクの低下

長期的に見ると、カフェインは認知機能低下の予防脳卒中リスクの低下に役立ちます。

カフェインは脳に対して多くの肯定的な作用を持っています。警戒感と幸福感を高め、集中力を高め、気分を改善し、抑うつを抑えることができます。

生産の中でのカフェインの消費は、認知機能低下の予防と関連しており、脳卒中の発症リスクの低下、パーキンソン病とアルツハイマー病の予防にもなるとされています。

したがって、毎日のカフェインの摂取は、健康的なバランスの取れた食事の一部となります。

  • 緑茶カフェイン(テイン)

更に、緑茶ではカフェインの過激摂取を心配することなく、一日中緑茶を飲むことができます。

緑茶のカフェイン(テイン)は、他の物質と結合していることが特徴です

これにより、緑茶で得られるカフェインは“眠気を覚ます”や“興奮”と言った効果ではなく、“元気にする”と言えます。

  • コーヒーのカフェインと、緑茶のカフェイン比較

緑茶のカフェイン(テイン)は他の物質と結合している

コーヒーのカフェインはより遊離している

これにより、コーヒーのカフェインは吸収されやすくなり、効果がより強く、より突然現れます。

対照的に、テインはよりゆっくりと放出します。

この違いを「緑茶は元気、コーヒーは興奮」と言えます。

『最高品質』緑茶と大麦若葉青汁
『最高品質』緑茶ティーバッグ

緑茶商品一覧

BRITA Japan調べ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000000563.html

参考・参照サイト

https://www.bustle.com/p/replacing-coffee-with-tea-can-affect-your-body-in-these-6-ways-19347366

https://pn.bmj.com/content/16/2/89.short

https://www.letsdrinktea.com/benefits-of-switching-from-coffee-to-tea/

https://madison.com/wsj/lifestyles/health-med-fit/advice/dr-zorba-paster-green-tea-may-have-health-advantages/article_d659ce37-3445-585b-9ae2-2ddec8af20f0.html

https://local12.com/health/health-updates/study-green-tea-extract-not-an-effective-way-to-decrease-breast-cancer-risk

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です