おいしい八女茶を飲む方法

八女で生産されるお茶は玉露・煎茶の他数種類ありますが基本的な美味しい入れ方でもっとおいしいお茶を飲んでいただけると思います。どうぞおいしいお茶を楽しまれてください。

八女茶 玉露 煎茶の入れ方

茶 やめ 八女茶 高級茶 お茶 茶 玉露 伝統 本玉露 伝統本玉露 八女 福岡 おいしい 日本茶 緑茶 天雫 高級 通販 産地 成分 効能 健康 販売店 おすすめ 味 44

八女茶を入れるときは、まずお湯を沸騰させましょう。

キレイな井戸水がベストですが、水道水でも5分以上沸騰させてカルキを抜けば問題ありません。

茶葉の量とお湯の温度、抽出時間は以下が目安です。

●玉露…葉10g(大さじ2)、お湯50~60℃、お湯の量60~90ml、抽出2.5~3分
●煎茶…葉6~7g(軽く大さじ2)、お湯70~80℃、お湯の量170~180ml、抽出1~2分

注ぎ始めは薄く、後から濃くなっていくので、人数分の茶碗に回し注ぎます。

お湯や茶葉の量、抽出時間などはお好みで調節してみてください。

ご注意

玉露 煎茶の淹れ方

1. お湯の温度を下げる

沸騰させたお湯を人数分の茶碗か湯ざましに注いでお湯の温度を下げる。
(注ぎ入れるだけで約10度下がる)

玉露 お湯50~60℃ 

煎茶 お湯70~80℃

2.茶葉を急須に入れる

玉露10g(大さじ2) 

煎茶(軽く大さじ2)

茶葉の種類によって上記を目安に量を量って入れる。

3.冷ました湯を急須へ

1で冷ましておいたお湯を急須に入れて、蓋をして45秒から1分蒸らす。

4.最後の一滴まで注ぎ切る

味が均等になるように少量ずつ注ぎ分け、最後の1滴まで注ぎ切る。

2煎目以降はお湯の温度をやや高め(85〜90℃)にし、蒸らす時間もやや短くするのがおいしく飲むコツ。

ご注意

  • 一煎目はとろっと“コク”を楽しみ、二煎目は少し温度を上げて一煎目とは違ったまろやかさをお楽しみください。
  • この淹れ方は標準的な淹れ方ですが、ご自分の嗜好や、その時々の気分に合った温度や濃さを見つけてください。

おしゃれ 花柄 茶筒 玉露 煎茶 2本入り ギフト セット福岡 八女茶 JAふくおか 八女

  • 玉露 60g / 煎茶 60g
  • 箱サイズ186×130×56mm
  • 大切な方へお届けする、とっておきのお茶、おもてなしの心 じっくり成熟させた玉露の風味、芳醇な甘味とともにお楽しみください
  • おしゃれな花柄の茶筒は心華やかになると、贈り物にも大変喜ばれております。
  • 封を開けたら入れ替える必要がなく、ステキな茶筒として使っていただけます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です