“ティータイム”その時間帯とは?お茶を飲むのに適したタイミング(効果5選)

お茶にはいろいろな効果・効能がありますよね

そんな効果・効能を 飲む時間帯によって促進させることができます。

1.朝のティータイム 効果(天然の便秘薬)

1.朝のティータイム 効果(天然の便秘薬)
1.朝のティータイム 効果(天然の便秘薬)

朝起きて、水分を摂ると

腸に「朝・体が起きた」ということを知らせることができます

それにより体内時計がより正しく機能し、便通を良くする効果があります。

そんな朝の貴重なティータイムには、整腸作用のあるタンニンを多く含む“玉露”

便秘薬のように癖にもならず、健康促進してくれる『自然の便秘薬!』

お出かけや、外でのランチでも水筒で飲めるティーバッグ!

2.昼食と飲むお茶

2.昼食と飲むお茶
2.昼食と飲むお茶

・食中(・食中毒予防・腹痛予防・脂肪吸収抑制)

食中に飲むお茶は、食べ物の有害物質などにその場で働きかけてくれる

抗菌作用と、殺菌作用もあるので・食中毒予防・腹痛予防につながります。

ダイエット 体型維持、健康のためにもなる

脂肪の吸収を抑えてくれ、燃焼を促してくれる作用もあります。

お出かけや、外でのランチでも水筒で飲めるティーバッグ!

3.食後のティータイム

3.食後のティータイム
3.食後のティータイム

・食後(・口臭予防・虫歯予防)

食後に口直し

脂分や汚れを除菌してくれて、お口の中をサッパリと清潔に保ってくれます。

さらに緑茶成分のフッ素で虫歯予防にも!

そんなランチティータイムには、カテキンを大量に含む緑茶!

お出かけや、外でのランチでも水筒で飲めるティーバッグ!

4.集中時間に

4.集中時間に
4.集中時間に

知的作業能力を高めてくれる

判断力、記憶力の増強作用をはじめ

脳を最高の集中状態であるアルファ波にする保進作用も!

緊張をほぐし、身体をリラックスさせた上での集中状態へと導いてくれます!

中でもおすすめなのがこの白折玉露!

5.就眠前に

5.就眠時間に
5.就眠時間に

リラックス作用をもたらしてくれる成分“テアニン”を豊富に含んでいる『玉露』がおすすめ!

テアニンにはストレス緩和の作用も

温かいお茶で体の中心から、心身ともにリラックスして良質な睡眠を!

テアニンは高級な緑茶により多く含まれています。

※テアニンをより多く浸出させるためには、低くめの湯温(50度〜60度)でゆっくり浸出する

テアニン(アミノ酸)は、・甘み・うまみ成分でもあるので、この方法でより美味しく出来上がります。

就眠前のティータイムにおすすめ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です