茶・ダイジェスト(社)日本茶業中央会編

(社)日本茶業中央会編の茶・ダイジェストという書籍をみると、お茶の成分がわかりやすく紹介されています。

・茶の渋みは「カテキン」

・茶にビタミンACE

・食物繊維は茶でとる

・「カフェイン」で疲労回復

・虫歯予防に効果がある「フッ素」

・いろいろな薬効がある「サポニン」

・新陳代謝に欠かせない「ミネラル」

・茶はノンカロリー、無糖飲料

こんなにも効果・効能のあるお茶(緑茶)が身近にある私たちですが、最近ではコーヒー・紅茶を甘くして生クリームをたっぷりと加えた飲料が大人気ですね。しかし、健康のことを考えると大切な体のために緑茶を飲む機会を増やしたいものです。

埼玉県立がんセンター研究所が一般地域住民8553人を対象に1986年から5年間行った調査によると毎日お茶(緑茶)を10杯以上飲んでいる人はそうでない人に比べて善玉のコレステロール値が高く、悪玉のコレステロール値が低いことがわかりました。また心疾患の病率の低いことも判明しました。また、ガンについては、茶(緑茶)を1日に10杯以上飲んでいる人は日に3杯以下飲む人に比べてガンの死亡年齢が男性で5歳、女性で7歳高い、つまり長生きしていることがわかり、さらに毎日10杯以上茶(緑茶)を飲んでいる人は全ての年代でガンの死亡率の低いことが確認されています。

こちらは静岡県立大学の研究グループの研究結果で、アトピー性皮膚炎にもお茶(緑茶)の効果が十分に推測されるとのこと。うがいやお風呂に入れても効果的だそうですよ!アレルギーを抑えるのは、茶(お茶)に含まれる渋みの成分でもあるカテキン。ただしカテキンは胃を刺激する成分でもあるので、大量に飲むのは控えなければいけませんので適量のお茶を毎日こまめに飲むのがお勧めとのこと。またお茶(緑茶)は、飲むだけでなくうがいに使ったり、皮膚に塗ったりお風呂に入れることでもアレルギーを抑える効果が期待できるそうです。

上記の他にも、お茶(緑茶)は、

☆ダイエットに

☆お肌に

☆老化防止に

☆コレステロール値をさげる

☆糖尿病に

☆食中毒の防止に

☆高血圧に

☆風邪予防

☆ストレスの緩和に

☆飲み過ぎ、二日酔いに

☆スポーツのお供に

とお茶(緑茶)を飲むといいことがいっぱいです。

せっかく日本には世界一美味しい緑茶があります。

これからは珈琲や紅茶をお茶(緑茶)に替えてみませんか。

fukuoka no yamecha greentea yame fukuoka

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です