八女茶のおいしさは世界まで広がっています

八女茶のおいしさは世界に誇れる味です

yamecha japanesegreentea gyokuro64
yamecha japanesegreentea gyokuro64

八女茶のおいしさのご紹介として一番にあげられるのは、甘みとコクです。
奥深いうまみと爽やかな口当たりが特徴です。
今では、国内だけでなく、海外からも支持され多くの方に人気があります。

世界に誇れるほどのお茶になった八女茶ですが、その栽培方法は昔ながら
丹精込めて作り上げる職人たちの手間は言うまでもありません。
稲わら製法という栽培方法で、伝統を守った化学繊維ではなく、
名前の通り、稲わらを用いて新芽を覆います。
光を遮断することで甘みやコクがさらに増していきます。
通常では2週間程度のところ、八女茶の栽培では20日間程度を使います。
手間暇惜しまない、こだわって育てる八女茶はその分格別の味となります。
また、3番茶や4番茶を収穫するのが主流ですが、あえて2番茶までしか収穫をしません。
芽の数を少なくし、1枚のはを大きく育てる栽培方法「芽重型」を取り入れています。
これにより、品質の高いお茶を作ることができます。

八女伝統本玉露 玉露
八女伝統本玉露

八女茶が世界に誇れるお茶になった。それは、何よりも喜ばしいことです。
今まで培ってきた伝統が続けられ、世界に認められるまでになったのですから、
その思いはひとしおです。
福岡県八女市では100年後の日本茶の存続をかけてブランディングに取り組んでいます。
八女茶の茶葉生産量は全国のわずか2.2%と希少です。
高級な玉露の産地であることを強みに品質を極限まで高めて、海外戦略に打って出ました。
栽培、製茶、淹れ方までこだわりを持ち、発信しています。
そして今では、「八女茶」=「奇跡の一滴」と呼ばれるまでになっています。

八女茶の発祥と歴史
中国から日本にお茶の文化が入ってきたのは奈良時代〜平安時代であり、
栽培はおよそ鎌倉時代の初期に始まり、その後全国へと広がりました。

八女地方にお茶文化が浸透したのは少し遅く、室町時代の初期に明から
「周瑞禅師」によってお茶の種が持ち帰られ、栽培方法が伝えられました。
大正時代までは中国伝来の「釜炒り法」で作っていましたが、
蒸製法に変えたのをきっかけに、八女のお茶を広めていく動きとなりました。

yamecha japanesegreentea gyokuro40
yamecha japanesegreentea gyokuro40

地道な努力と惜しまない手間暇が皆さんに受け入れられたことは
作り手たちにとってもかけがえのない財産です。

八女茶は一度飲んだら忘れられない格別なおいしさです。
ぜひ、飲んでみていただけたらと思います。

八女の 宝石 八女茶 日本茶 煎茶 星野茶 新茶 限定 2021年 令和3年 日本茶 星野村 奥八女 茶 1
八女の 宝石 八女茶 日本茶 煎茶 星野茶 新茶 限定 2021年 令和3年 日本茶 星野村 奥八女 茶 1
八女の 宝石 八女茶 日本茶 煎茶 星野茶 新茶 限定 2021年 令和3年 日本茶 星野村 奥八女 茶 1 1
八女の 宝石 八女茶 日本茶 煎茶 星野茶 新茶 限定 2021年 令和3年 日本茶 星野村 奥八女 茶 1 1

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です